スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチン君(逸ノ城関)の笑顔可愛すぎ問題

今年の大相撲秋場所は、
"モンスター"逸ノ城関の破竹の快進撃と"ポット"栃ノ心関の十両無双(全勝優勝!)ぶりが
非常に印象に残った場所でした。特に栃ノ心関に関しては、
復活後の相撲(どっしりと腰が据わった重量感たっぷりの、スケールの大きな四つ相撲)が
見ていてとても気持ちが良く、取組を見るたびに好きになっていたので、今回の全勝優勝は実に嬉しかった。
来場所は念願の幕内復帰ですが、逸ノ城関との取組がめちゃくちゃ楽しみです!
リベンジに燃える逸ノ城関(先場所千秋楽の優勝決定戦にて栃ノ心関に2連敗を喫している)と、
再び元の三役に返り咲こうと燃える(本人はもっと上を目指していると思いますが)栃ノ心関の戦い…
今からワクワクしますよ。

大砂嵐関は今場所は”試練の場所”といった趣でしたが、
白鵬関との取組では「よもや!?」という場面を、先場所に引き続きまたも見せてくれました。
結局横綱の重量感に跳ね返されてしまいましたが、今場所もっとも興奮した瞬間の一つでしたよ。
来場所はさらに横綱を窮地に追い込むような相撲を期待してます!
(ただ、膝の怪我にだけは気をつけて、無理をしないで欲しい)

日本人勢では勢関の活躍が最も印象に残りました。
話題になった逸ノ城関との熱戦は言うまでもなく素晴らしかったですが、碧山関との取組は激アツでした。
丸太を振り回すような碧山関の突っ張りを必死に耐え抜いて土俵の外に押し出す姿には感動しましたよ。
この人も見るたびに強くなってる印象なので、来場所の上位戦がかなり楽しみです。勝ち越して欲しいなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。