スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年ベスト アニメ・漫画篇

一年の締めくくりってことで、
MATSUYAの各趣味における2006年度のベスト○○を発表してみよーと思います。
今回はアニメ・漫画篇。コメントはすべて戯言なんで軽く読んで下さい。
■アニメ
◇ベスト作品

特に無し。

初っ端から景気わりーなオイ!って感じですが、
いや、視聴した中で印象的なアニメは色々あったんですけど、
あくまでもドンピシャでハマった作品は無しってことで。
…えー、特に無しで終わりではあんまりにも味気ないんで、
その印象的だったアニメ(基本的には全話鑑賞した作品)についてコメントしたいと思います。

●ローゼンメイデントロイメント
キャラ萌えで盛り上がりに盛り上がったけど(今でも火は残っています)、
作品として面白かったかと聞かれると閉口せざるをえないというか。
数少ない原作のストックを薄ーく伸ばしてオリジナル要素で上手いこと彩っていたけど、
個人的にはちょっと中途半端な印象が拭えませんでした。
まあ、結局は、この手の作品に視聴者側の大半が期待しているのは
キャラ萌えであって、各々の好きなキャラが良い感じに動いてくれれば
作品の内容関係なく満足できるものであって、
俺自身も例外ではなくて、ナニが言いたいのかといいますと、要は、
銀ちゃんとめぐの絡みをもっと見せてくれていれば
トロイメントが本年度ぶっちぎりマイベストだったんだよっ!


●コヨーテ ラグタイムショー
ゴスロリ暴れオッサン叫び血が飛び肉が散る第1話の異様なテンションが最終話まで続けば、
おそらく本年度のアニメ屈指の評価を得ていたでしょうが、中盤以降は冗長な間が支配する
地味アニメと化しひっそりと終了、今となっては思い出す人も少ない悲劇のアニメ…。
以前も書きましたけど、まさに「高品質な素材を上手く調理できなかった料理」だと思います。
キャラしかり、話しかり、演出しかり。とりわけ「12姉妹」という最高の素材を
生かすことができなかったのは余りにも惜しい…(12姉妹については後述)

●ストロベリーパニック!
完全無欠の百合アニメ。完全無欠とは、男の存在を作中から完全に消し去っているから(笑
百合を普通、百合で当然だと錯覚させる作品の空気は凄かった。また、ほのぼの百合物かと
思いきや、案外にドロドロ&エロエロしていたのも意表をつかれました。

●涼宮ハルヒの憂鬱
初め第1話(0話でしたっけ)を観た時は、妙な空気感を醸し出しているアニメだとは思いましたが、
世間的に大々ヒットしてここまで巨大な作品になるとは想像もつきませんでしたよ。
一応最後まで見通しましたが、俺のオツムでは「変なアニメ」以外の感想は述べようないっす。
もちろんかなり楽しませてもらったし、視聴者をおちょくる奇抜さが面白かったと思いました。
ただ、これがアニメとしての最新型(もしくは最新基準というか)なら俺はもうオッサンなのかな、
という感慨が一番強かったり。

●女子高生
今思い出しても、バ●ブやら勃●チン●がマ●●に×××やら、お下劣な単語しか出てこねー。
後味さっぱりの下品ギャグアニメとして、駄菓子的な味わいを醸し出してました。
稀代の馬鹿キャラ香田とその香田を演じ切った雪野五月さんの活躍は表彰モノだと思います。

●ひぐらしのなく頃に
実は第8話までしか観て無いんで、番外ってことになりますが、
第1話~4話の鬼隠し篇は短編の和製ホラーとしてかなり怖面白かった。

◇ベストキャラ
マルチアーノ12姉妹(コヨーテラグタイムショー)
12sister.jpg
どこかで見たようなデザインのキャラもこれだけ寄せ集めれば立派なオリジナリティだと思います。
第1話で衝撃的なデビューを果たした後は、
不発の線香花火のように消えていった殺人ゴスロリアンドロイド集団。
これ程の“おいしい”キャラ群を単なる脇キャラ扱いとは、余りにも勿体無いというか何と言うか。
作中でのキャラの動かし方は悪くなかったと思います。メイとアンジェリカ&チェルシィの友情とか、
あらあらうふふキャラでありながら一匹狼ポジションのジュライとか、三つ子のシンクロしたはっちゃけぶりとか、
ジューンの桃缶開けとか。ただ、出番が壊滅的に少なすぎただけ…。
今後彼女ら主体の物語が制作されることを願います。

2006年1月から7月はアニメ三昧でしたが、それ以降は“一回見逃して視聴意欲が失せる”パターンの
連続で2クール作品を見逃しそれ以降失速。「ひぐらし」しかり、「ARIA」しかり…。「いぬかみ」なんかは全部見てたら
かなり好きなアニメになってたかもしれないだけに結構惜しいです。
失速後は別の趣味に傾倒してちょっとアニメ離れを起こしてました。
アニメ熱が前期と後期でRISE AND FALLな一年でした。

■漫画
◇ベスト作品

特に無し。

お前もう帰れ!と突っ込まれそうですが、ほんとに思いつかない…
でも、本年度中期までの勢いを考えるなら『ぱにぽに』『まろまゆ』といった氷川へきる作品になるかな。
後は、強いていうなら『それでも町は廻っている』『でろでろ』『デトロイト・メタル・シティ』
『孤独のグルメ』『新ゲノム』『天体戦士サンレッド』『パンプキンシザーズ』
『壮太君のアキハバラ奮闘記』『ストロベリーパニック』『コヨーテ ラグタイムショー』
『僕の小規模な失敗』…
といったところでしょうか。
…って今年読み始めた漫画のタイトル適当に挙げてるだけだこれー!

まあ、今年はそんなに漫画に熱入れませんでしたってことで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。