スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスティスの「THE FRAYED ENDS OF SANITY」はもっと評価されるべき

ちょっと前からアラン・ホールズワース卿とMETALLICA(ライトニング、マスパペ、ジャスティス)を
交互に聴いていたんですが、HR/HM魂の滾りには逆らえず最近はもっぱら後者ばかり聴いてます。
やっぱ80年代のMETALLICAには神がかり的な何かがあったと再確認することしきりです
スポンサーサイト

コメント

私は昔から今も追いかけているスラッシュバンドは
メガデスとソドムだけになってしまいましたが
仕事中、フラフラになった身体でスラッシュを演奏すると
メタルミリティアやバッテリーやマスターのイントロが流れます。
やはりそれだけあの頃のメタリカは凄かったんだと思います。
同意いたします。

焼鉄色さん、同意ありがとうございます!その3曲はいずれも最高のスラッシュアンセムですね
聴く者の記憶に深く残る曲(あくまでも激しく攻撃的にスラッシュしながら!)を数多く生み出した80年代のメタリカは
本当に凄かった・偉大だったと思います

>ソドム
ピクシブで『FUCK THE POLICE』を見た時から焼鉄色さんがソドマーであることは何となく気付いていましたw
そうそう、ここで言うのも何ですけど、実は自分「電式」君が大好きなんですよ。ギター抱えた極悪美少年・・・たまらん!
モデルのチョイスとアレンジのセンスがベリー素晴らしいです
非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。