スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スオムスいらん子中隊1~3巻

今更読みました。

○キャラ
アニメ版の印象強すぎてキャラに入れ込めるか心配だったんですが、まったくの杞憂でしたね。
3巻まで読み終えた頃には、いらん子達に501の皆さんと同じぐらいの愛着を感じるようになっていました。
っていうかビューリングさん最高!ビューリングさんとルーデルさんさえいれば他のキャラいらね!
…冗談です。みんな良いキャラだ。でも男はイラネ。

○お話
辺境に集められた各国の“落ちこぼれ”達(アニメ版とはまさに真逆)が紆余曲折を経て団結し
逆境を切り拓いていく王道少年誌的な燃え展開は、
「正直百合要素なくてもイケるんじゃね?」って思えるぐらい普通に面白かった。
この点に関してはアニメ版より好きかも。

○ゆ り
文字媒体であることを恃んで生々しい描写炸裂!これはアニメ化できんわw
アニメやアニメの小説版がいかにソフティケイトされていたかが良く分かりましたよ。
よしかさんを遥かに凌駕するはるかさんの淫獣っぷりに圧倒されました。

総合的に、想像していた以上に面白かった。4巻は来年春に発売されるそうなのでwktkして待ってます。
スポンサーサイト

コメント

マロニーちゃんもどこかに島流しにすればいいのにね

>辺境に集められた各国の“落ちこぼれ”達(アニメ版とはまさに真逆)が紆余曲折を経て団結し
>逆境を切り拓いていく王道少年誌的な燃え展開は、
>「正直百合要素なくてもイケるんじゃね?」って思えるぐらい普通に面白かった。
ここら辺めっちゃ同意。シリアスとギャグのサジ加減もいいというか。
お約束的な部分とか各巻の締めなんて思いっきり少年漫画のソレだしね。
っていうかビューリングさん最高!ビューリングさry


・・・でも男はイラネってとこが一番同意した部分だったりするw

ああ…佐久間とかいうオッサンと一緒にね…

ぼやさんがいつか言ってた「少年誌的」って表現、読んでてすごく納得できたよ。
>各巻の締めなんて思いっきり少年漫画のソレだしね。
1巻の締めとか特にねw あの締め方大好き。

>・・・でも男はイラネってとこが一番同意した部分だったりするw
ですよねーw
糸河登場当初は「ビキッ(!?)」ときました…よ!

スオムスいらん子中隊がお気に入りなら、学研M文庫から出ている北欧空戦史と
急降下爆撃の購読をお勧めします。
特に北欧空戦史は、今まであまり注目されてなかったフィンランド空軍とエース
パイロット達の話がSWにリンクしていて面白いですよ。
奇跡の撃墜王、ユーティライネンさんは、カッコヨス。

初めましてcosmacさん、
冬戦争~継続戦争時のフィンランドには少なからず興味をもっているので
『北欧空戦史』、是非読んでみたいと思います。
もちろん『急降下爆撃』もタイトルからして“あの方”が主題であることは明らかなのでw
これはもう読むしかありませんね…
お勧めありがとうございます。 

ユーティライネン氏のプロフィールはウィキペディアで読んでみましたが、
ルフトヴァッフェ以外では世界最高の撃墜数を記録し、
437回出撃して被弾したのは一度(しかも掠り傷)だけ、って超人過ぎますね。
アニメのエイラさん見てると、こんな凄い人をモデルにしているとは到底思えません…w
非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。