スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRON MAIDEN SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 2/15 横浜パシフィコ

・15日の早朝に横浜到着。朝食を済ませてすぐ みなとみらい線に乗って、パシフィコを下見に行く。
・みなとみらい駅に到着。この辺一体、何もかも綺麗で広くてデカくて、
 流石大都会横浜と思い知らされましたね。うん、ナウかった。
・パシフィコの場所を確認したら、みなとみらい一帯や横浜中華街などをブラブラ歩き、
 予約したホテルにチェックインして体を休めるなどして時間を潰す。そして午後5時頃にパシフィコへ。
・開場前に「ヘッドバンカーズ・ジャーニー」(この映画まだ見て無いんですよねー)の
 サム・ダン監督が並んでいるファンをカメラで写しまわっていました。撮った映像の使い道が気になる。
・開場後、さっそく自分の席へ向かう。2階席の後方だったのでステージが遠すぎて
 見えないんじゃないかと心配していたんですが、ステージをほぼ真上から見下ろせるような
 つくりになっていたんで安心しました。あとはライヴ開始を待つのみ。

・オープニングアクト、スティーヴの娘ローレンのライヴ開始。
 本来ならローレンの成長に注目すべきところなんですが…ドラマーばっか見てましたw
 ストロークが非常に力強く、またシンバルを叩くアクションが派手なもんだから、
 ローレンそっちのけで注視してしまいましたよ。
 他のメンバー、ギタリスト・ベーシストも、プレイ・アクション共にかなり派手だったので、
 もうちょっとメタル寄りの音楽をプレイしたらメイデンファンの受けもマシになるんじゃないかなと思いました。

・ローレンのライヴ終了後、いよいよメイデンのライヴ開始。
 チャーチルの演説から…「ACES HIGH」へ繋がり…そしてあのイントロ~ギターフレーズがー!!
 ―あとはもう、ライヴ終わるまでひたすら頭を振るかブルースに合わせて熱唱していました。

 細かい感想なんてとても書けないです。↑で言ったことが全てですから。
・依然として衰えを見せないブルースの声(+運動量)は驚異的!
 演奏陣も良かったし(ニコが若干危ない面があったけど、それを補うぐらいパワフルに
 叩いてみせてくれたことに拍手を贈りたいです)、パフォーマンスは相変わらず素晴らしかったです。
・唯一残念だったのが、最も期待していた『SOMEWHERE IN TIME』からのナンバーが2曲のみだったこと。
 定番曲は1、2曲ほど削って、その分『SOMEWHERE IN TIME』もしくは
 『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』からチョイスしてほしかった、
 というのが偽らざる気持ちです(めちゃくちゃ好きな「WASTED YEARS」を生で聴けたことは最高でしたが)

■今回の個人的ハイライトナンバー
・「ACES HIGH」(文句なし)
・「WASTED YEARS」(貴重な『SOMEWHERE IN TIME』ナンバー、特に大好きな一曲)
・「HEAVEN CAN WAIT」(合唱部のコーラス隊飛び入りのサプライズ)
・「RIME OF THE ANCIENT MARINER」(全編最高でした)
・「POWER SLAVE」(ブルースの「奴隷の雑巾がけ」パフォーマンスw)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。