スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00 5話~8話

まとめて見たので雑感。

■5話
・中佐、おっとこ前だ。厳然たる軍人かと思えば、案外と人情味のある漢なんですね。
・アレルヤくんはジキルとハイドなんですね。今回でようやくキャラを掴むことが出来た。
・殺し屋軍団ソレスタの皆さんが今回は人命救助。HAHAHA、ブラックジョークだな、HAHAHA

■6話
コーラサワーさんキターーーー!
 実に「分かっている」登場・退場シーンでした。重苦しい雰囲気が充満する作風の中で、
 突き抜けた阿呆っぷりを晒すコーラサワーさんの存在はまさに一服の清涼剤といえましょう。
・どっからどう見ても単なるオッサンであるソレスタのアストナージポジションの人の風体に、我が目を疑った。
・ひそかにオペレーター娘達がフューチャーされていましたが、殆ど印象に残らない地味っぷり。
 媚び媚びの女キャラでは売らないぞというスタッフ側の意思表示か。

■7話
・刹那はんの行動はほんまギャグまがいやで。奇行の多さではグラハムさんに勝るとも劣らず。
・傭兵オヤジもエグい奴ですね。ペテン師で激強ってんだから手がつけられない。
・しかし毎度のことながらガンダム部隊の一方的な強さと虐殺っぷりは目に余るものが。
 特にピザガンダム、自重しろ。
・無差別テロを受けてのGマイスターの反応、人道的にはともかく、
 ソレスタル・ビーイング的にはメガネっ子(未だに名前が覚えられない)が正論ですね。
 自分の立場を忘れて激昂してしまったロックオンさん、そうなるだけの事情が
 過去にあったことは想像に難くありませんが、熱くなり過ぎ。
 「ロックオンの拳先、やや熱いか…」

■8話
・うっほほう!水着ですよウッホホウ!…だのになんだろう、この微妙な気持ちは。
 それよりも、デッキ上でガン無視かと思いきやさりげなく後ろを振り向いて女性陣の
 水着チェックに余念のない刹那の姿に年頃の男として真っ当な感情があることを確認できて、
 微笑ましい気持ちになった。
・サジは、ホントあからさまに日本人の縮図的な(もしくは最大公約数的な)キャラですね。
 戦争が対岸の火事でないことを生身で実感したサジ(=日本人)の変化をどう描くか見物。
・同郷の人間っぽいからって、確証もなく見ず知らずの少年を呼び止めるマリナさんも、
 公共の場で自分の所属とコードネームを堂々と雄叫ぶ刹那も、どっちも可笑し過ぎる。
 似合いのオモシロカップルになれるよ。
・虐殺ガンダム部隊は生身の人間にも容赦なし。殺して殺して殺しまくります。
 ロックオンさん「お前らに慈悲なんかくれてやるもんか」…え、いつもは慈悲があったんですか…
 笑ってトリガー引いてましたけど…っていうか今回もいつもと変わらない戦いぶりだと思いましたけど…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。