スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/19、8/21の中古購入CD

819cd

821cd

8/19(上)・8/21(下)に中古購入したCD。10枚で約5000円なり。2日分でコレモンですよ。
ここ最近はHR/HMのCDが手頃な値段で売ってたら脊髄反射的に購入してしまう体に
なってしまってるんで際限なく増えていく一方なんですよね。クレイジーだよ!(外人インタビュー風
とりあえず一聴した上での感想を軽く述べていきます
まず8/19分
819cd


左上からDEF LEPPARDのデビューアルバム「ON THROUGH THE NIGHT
当り前っちゃ当り前の事ではありますが曲の完成度って点では以降のアルバムに一歩も二歩も三歩も四(略)も譲るなーというのが正直な印象ですがメロディセンスは既に片鱗が現われているし何より若さ溢れる勢いと荒削りなパワーは洗練された後のデフレパに慣れている耳には新鮮でした。
次、右隣同じくデフレパのセカンド「HIGH'N'DRY
これはイイっすねー!荒削りなパワーと勢いそのままで曲の完成度はファーストとは比べ物にならないぐらい高まってて、デフレパ特有の爽やか哀愁メロもいよいよ花開いてきた感じで。個人的に名バラード「BRINGIN' ON THE HEARTBREAK」から本編ラスト「NO NO NO」までの流れがツボ。
中左、同じくデフレパの4曲入りミニライブアルバム「IN THE CLUBS...IN YOUR FACE」
デフレパはアルバムに凄く力を入れるバンドと聞いてたから、ライブはそれほどでもないんじゃ?と
薄ら思ってたんですが、大馬鹿者でした。今までの自分が恥ずかしい。穴があったら入りたい。
「HYSTERIA」「PHOTOGRAPH」「POUR SOME SUGAR ON ME」「LET'S GET ROCKED」という超々名曲をスタジオ以上の名演で聴いちゃったら感動する他ないですよ。「PHOTOGRAPH」のコーラスに感動。今後来日公演があったら絶対行きます。
中右、同じくデフレパの最新作にしてカヴァーアルバムの「YEAH!」
知ってた曲がT-REXのアレとTHIN LIZZYの曲しかなかったんですが、良かったです。
これで来日の予定は立たないのかなあ…。
左下、AEROSMITHの「ROCKS」、右下、同じくエアロの「GET THE GRIP
エアロはレンタルでいくらでも借りれるし買うまでもないかなーと思いましたが、名盤の誉れ高い2枚だし超安価だったので購入しました。前者の泥臭くヤニ臭いロックンロールは最高にクール、後者は「EAT THE RICH」の有り得ないほどのカッコ良さと三大バラードの素晴らしさにノックアウト。

次は8/21分。
821cd

左上、MICHAEL SCHENKER GROUPのセカンド「MSG
全曲イイ!まさに名曲揃いの中で特に耳を引いたのが、ハッとするほど美しいメロが飛び出す「ATTACK OF THE MAD AXEMAN」、哀愁メロ爆発のバラード「NEVER TRUST A STRANGER」「SECONDARY MOTION」、そしてコージーのパワフルでダイナミックなドラムとマイケルのギターが熱い「LOOKING FOR LOVE」。コージーとマイケルの両雄の活躍はいうまでもなく、ゲイリーの哀愁味たっぷりの歌メロが凄く良かったです。
右上、IRON MAIDENのボーカリストBRUCE DICKINSONの「TATOOED MILLIONAIRE
メイデンとは正反対のカラッとしたアメリカンロックもやったりしてますが、ブルースにこの路線は合わないなーというのが個人的な印象。やっぱブルースのボーカルはダークでドラマチックなメイデンでこそ!っていうか。しかし「CAN I PLAY WITH MADNESS」を彷彿させるポップな表題曲は最高!
左下、BLUE MURDERのセカンド「NOTHIN' BUT TROUBLE
濃厚なファーストに比べるとかなりポップになって聴き易くなったという印象。
ド熱いハードロックの「I'M ON FIRE」に度肝抜かれた!
右下、SYKESの「20TH CENTURY
あんまり評判良くないみたいだけど俺はかなりイイと思いました。一聴して印象に残った曲は特にありませんでしたが、爽やか疾走ポップ系のナンバーはどれも良かったです。

うーん軽くとか言っといて結局長くなってしまった…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。