スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEGADETH『UNITED ABOMINATION』

Image007.jpg

今日は一日一絵を休んで(数日前も休んだばかりですが)CD感想。
先日中古で購入したMEGADETH『UNITED ABOMINATION』
・THIS IS MEGADETH!な「SLEEPWALKER」、MEGADETH版正統派メロディアスメタル「WASHINGTON IS NEXT」、
 出だしの2曲がインパクト抜群。両曲ともはすでにあちこちで披露されていた曲で
 「WASHINGTON IS NEXT」などは自分自身実際にラウパ06で聞いていたので、どのような曲かは知っていましたが、
 こうしてちゃんとした音源で聴くとまた印象が違いますね。切れの良い弦楽器隊のバックで
 ズクズク鳴り響く2バス疾駆ドラムがカッコいい。
 …が、正統メロディアスな曲でもやっぱりシニカル風味満点のデイヴのボーカルはもっとカッコいい。

・5、6、7の中盤曲で少々ダレる(初聴きの時点では)も、
 8曲目リメイク版「A TOUT LE MONDE(SETMEFREE)」で目が覚め、
 そこから11曲目までは前半同様の勢いで聴けました。
 ラストに「HOLY WARS」ばりの激走を聴かせる「BURNT ICE」は是非ライヴでも聴きたい!
 ボーナスのZEPPナンバーも良い感じ。ボーナム風に暴れまわるドラムがカッコいい。
 原曲は知りませんでしたが、聴きたくなりました。

■即効性のある冒頭2曲を目玉として、聴けば聴くほど味が出る&癖になる
 MEGADETHらしさが備わったメタルナンバーがしっかり詰めこまれた良盤だと思います。
 何よりも、巷の流行に惑わされず(かといって巷の“流れ”を無視するわけでも、それに背を向けるわけでもなく)
 あくまでシニカルなスタイルで押し通している辺りが実にクールだと思いました。
 ライヴまでにしっかり聴き込んで予習しておきたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。