スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRYPTOPSY『NONE SO VILE』

flo.jpg

●CRYPTOPSY『NONE SO VILE』を聴く。
 CRYPTOPSYは『WHISPER SUPREMACY』『ONCE WAS NOT』を聴きましたが、
 彼らの中で最も有名なこのアルバムはメロディが分かり易くて良いですね!
 超絶演奏の暴音カオスには違いないんですけど、
 その中に分かり易いメロディが生きていて素晴らしい。
 カオティックとメロディアスの融合というか。
 「PHOBOPHILE」「SLIT YOUR GUTS」はまさにそんな感じの曲。カッコ良過ぎる。

・“生体ドラムマシン”フロ・モーニエのドラミングについては俺如きが
 今更言うまでもなく、化け物(『ONCE WAS NOT』と比べると流石に若さを感じるかな)
 映像で音の洪水のような凄絶なドラミングを
 「や、簡単ッスよ」みたいな表情で楽々決めている姿を見ていると、
 何となくボブの絵画教室を思い出す。
 
・ロードワームの声は噂通りの凄まじさ。『ONCE WAS NOT』では
 おとなしくなっているとの批判を多く目にしましたが、確かに納得できる暴れっぷり。
 「ヴオ”ォ”ォ”オ”!」「ル”ァ”ギャア”ァッ!!」「ヴァヴォヴォオォ…!」
 もう、全編に渡って超・超低音ヴォイスの垂れ流し。
 オープニングに恐竜の鳴き声のSEが使われてますが、迫力で全然負けてません。
 想像していたよりはマシだと思いましたが、やべぇ声には違いない。
 こんな化け物声出してる人が普段は英語の先生やってるとか、ギャグとしか思えない。
 
・狂気と美しさにまみれた美メロを弾き出すギター、
 地味に良い音出してるベースと弦楽器隊もGJ。

・収録時間も短いし、ちょっとした合間に気軽に聴けそう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。