スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク追加

リンクを2件追加しました

cocorowa01.jpg
ココロワープ』は、
kaiさん、禍津ベシオさん、ハピタンさん、3人のすごい漢(ウオオォァアアッ!!)で構成される同人サークルのHPです
マガツさんがピクシヴに投稿されたド可愛いエイラーニャ漫画(今見ても破壊力ばつ牛んの可愛さ)を
見たことが『ココロワープ』さんを知るきっかけでした
三者三様の個性がぶつかり合う様はケミストリーを起こしたスリーピースバンドのライヴの如し、
リアル世界よりも充実したネット生活が認可されるので見に行くっきゃないッ

img099.jpg
Selbla』はkboさんのHPです 
アニメ・漫画のちょいエロ&かわいい絵がたっぷり展示されています、
バナーが水銀燈であるところにシンパシーを感じるなって思ってたら、ギャラリーに展示されていた
クリスマス水銀燈漫画に心の琴線をビビンと弾かれました やっぱ銀ちゃんはサイコー 
素晴らしいバナーでウチのブログを紹介して下さいました、めちゃ嬉しいです、ぁありがとぉうぅ!(CV:若本
スポンサーサイト

Party Til You Puke ~吐くまでパーティー~

7月19日の夜から20日の深夜にかけて、ぼやさん主催のお絵かきチャットに参加させてもらいました
いずれ劣らぬ紳士―SHINSHI―7人にMATSUYAを加えた総勢8人が
繰り広げる饗宴の詳細はこちら(7/22の記事)とこちら(7/21の記事)で熟知すべし。

echa.jpg
~の。さんと富野トークをしていた時の一幕(黒字が~の。さん、緑がMATSUYA)
 スポンサーの理不尽な要求にびきびきキてる富野さんの図と、マジでコロニー落ちる5秒前の図
 この後右の余白にて「WBのクルーによるブライト艦長呼び捨て祭」と「オムル祭」が発生しました
 ちなみに真ん中は北爪風に描こうとして見事玉砕したシャーリーの図…一度見て忘れて下さいw
 なお、この絵チャを通して富野御大の似顔を空で描けるようになりました

・祭にゃ酒が欠かせない、ってことで開始時からお酒飲みながらやってたんですが、
 あまりにもハメを外しすぎて気付かぬうちに飲酒量が限界値を突破してしまい、
 「このままでは俺の胃が防衛本能でマッハなんだが」という状態に陥りノックダウン、
 長期離脱というアクシデントを起こしてしまいました(翌朝7時ごろまで完全にダウンしてた)
 ほんとお恥ずかしいってか、同席していた皆さん、ほんとすみませんでした<(_)>

・自分は口下手の超人見知りで、多人数でコミュニケーションをとるのがコワイです(((><)))
 って人間なんで、やる前は正直不安な気持ちが無いわけではなかったんですが…
 結論から言って今回の絵チャは、終始めちゃ楽しかったです
 同好の士とワイワイやるのはホント良いなあ…って素直に思えました
 かねてからコンタクトを取りたかったマガツさんともお話できて本当に良かった!
 この場を作ってくれたぼやさんに改めて感謝したい アリガト・・・
 そして参加した皆さん、お疲れ様です、ありがとうございました!

エロバニーポケモソ

mimirop.jpg
金銀リメイク記念(今更)にナニか描こう、ということでミミロップと通りすがりのデカ鼻ポケを描いてみました
胸を描くのは邪道だったかもしれない、でも描かずにはいられなかった、今は反省していない

Painted Skies

kuronaoko5.jpg
先日ピクシブに上げたイラストを確認して見たら塗り忘れを発見しました、とてもはずかしいです
というわけで修正版を上げておきます

あと、ピクシブのブクマコメントで
>黒ナオコさんと教育テレビをいやらしい目で見たいよぉ~
と言っておられる変態!変態!変態!な方がいらっしゃいましたが、
そのポジションはぼくのものです^^

空白期間中の趣味について(漫画アニメゲーム編

更新の途絶えてた四月から六月の約二ヶ月間何をやっていたか記しておこうと思いますパート2
こっちは漫画アニメゲームについて

●漫画
百合星人ナオコサン』をきっかけにKashmir作品にハマる
この人の作品は幻覚的というか白昼夢的というか、独特の不思議なヴァイブに満ちていて、
そこに惹かれました(あと、作者さんの洋楽寄りの音楽嗜好にも。作者名がツェッペリンなんてステキ)
ナオコサンやちーちゃんのような暴走キャラが珍妙なセリフをまくし立てるアッパーな面も面白いけど、
黒ナオコサンやみすずの廃墟趣味に見られる「静」の面に心の琴線を弾かれます
単行本化されているKashmir作品を一通り読んで一番気に入ったのは『○本の住人』、
近日最新刊が出るようなので楽しみです 

●アニメ
我が家のお稲荷さま』を観てました
気の抜けたダウナーな作画とルーズなノリのシナジーが生み出すアシッドなグルーヴが
微妙アニメ好きの自分に心地良い感覚をもたらしてくれました

●ゲーム
ポケモソプラチナ、これにどんだけ時間奪われたことか・・・w
ウーフェイ教えてくれ、俺はあと何度ズイロードを往復すればいい?
個体値厳選作業はストレスにまみれた苦行なのに、良個体が生まれそれを成長させた時の
喜びがたまらないから性懲りも無くプレイしてしまう・・・麻薬ですねこれは
最近はプレイしてません。一度始めれば歯止めが効かなくなるのを分かってるからです
あ、でも何かまたプレイしてくなってきて・・・いやいかんいかん・・・

空白期間中の趣味について(音楽編

更新の途絶えてた四月から六月の約二ヶ月間何をやっていたか記しておこうと思います
まずは音楽

●音楽
HIBRIAのライヴに行って来ました。
 これぞ正統派!といった真っ直ぐで迷いの無いメタルを熱く聴かせてくれました。
 ボーカルのユーリ兄貴はCD以上にパワー漲る勇壮なシャウトを
 轟かせ(おまけにメイデンのブルース並のダッシュジャンプまで披露してくれてた)、
 ベースのマルコ兄貴はステージ上を駆け巡りタッピングしまくりで存在感をアピール、
 ギターの二人は絶妙な連携プレイとグレン&KKばりのシンクロヘドバン(ようつべの映像で
 見る限りはアクション不足で凄く地味な印象があったんですがw)、
 ドラムはニコニコしながらパワー&手数&安定感を兼ね備えたドラミングを繰り出しクアトロを揺るがす…
 本当にただ単純に「カッコいい」と思わせてくれる、胸のすくようなライヴパフォーマンスでした
 早く次のアルバムを作って、また日本に来て欲しい

・ようつべで見た「THIS DYING SOUL」のライヴ映像の凄まじさに圧倒され、
 DREAM THEATER「LIVE AT BUDOKAN」のDVDを中古で購入、視聴しました
 凄すぎて笑った。楽器演奏について殆ど無知だけど、何かとてつもないことをやっているのは分かる
 彼らに寄せられる絶大な賛辞は決してオーバーなものではなく正当なものであることを実感しました
 1曲目から3曲目のアグレッシブな流れに悶絶。

・正統派HR/HMだったりスラッシュメタルだったりハードポップだったり、
 まったく一貫性なく色んなジャンル聞いてました
 どんだけ一貫性が無いかは現在のIpodのヘヴィロテリストを見ていただければ分かって頂けるかと

「Sence of security」「Out Of The Shadow」(VICIOUS RUMORS
「Flight Of The Warrior」「Storming The Gates Of Hell」「Black Leather And Glittering Steel」(RIOT
「Beyond The Blackhole(live2006)」「Man On a Mission(live2006)」(GAMMA RAY
「Fury Of The Storm」(DRAGONFORCE)「Spellshock」(WILD DOGS
「Medusa(live2005)」(ANTHRAX
「Hell Awaits」「Kill Again」「Praise Of Death」「Necrophiliac」(SLAYER
「Systems Falling」「Save Yourself」(M.S.G) 「彼方なる叡智が教えるもの」「自由意志」(RUSH
「Armageddon it」(DEF LEPPARD) 「Suzanne」(JOURNEY) 
「Rock America」(DANGER DANGER
「Summer Of 69」(BRYAN ADAMS) 「Caught In The Middle」(STRYPER
「Cemetery Gates」「Hollow」「Floods」(PANTERA) 「Orion」「One」(METALLICA
「Planet Caravan」(BLACK SABBATH) 「Hervest」(NAGLFAR

これからも一貫性の無い節操の無い音楽ライフを満喫していこうと思います

ズボンラクガキ

stwrakugaki.jpg
久々にズボン こういうキャラ絵を日記に上げていたのが昔の俺なんだよな
今の俺は全く更新しないから困る

そういえば、先週ようやくオフィシャルファンブックを購入しました
股間督は真(まこと)の漢だと思いました

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。