スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズのミーナ隊長が傾いてみた

minna1.jpg

現場を無視した空論を押し付ける上層部に、堪忍袋の緒が切れたミーナ隊長。元ネタは『花の慶次』
3話冒頭の“お尻筋キュッ☆”を見て以来、自分の中で彼女のイメージが“ケツ女”になっています。

余談ですが、坂本美緒少佐は『花の慶次』に出演しても何ら違和感ないと思います。
スポンサーサイト

今週のチャンピオン

◆ペダル
登場時の印象を裏切って、雄豚先輩が良い人そう。レースが終わったら坂道の良き先輩になりそうだ

◆刃牙
板垣氏は烈先生が萌えキャラとして親しまれていることを知悉しておられますな。
またもファンにステキな場面を供給してくれました。あの頬張り顔、冬眠前のリスみたいで可愛い。

◆イカ娘
靴下履いたまま体重計に乗っちゃう栄子。がさつ感が滲み出てて微笑ましいっすね。
千鶴さんのはあれか、岩山両斬波か南斗聖拳か。いずれにしても尋常の使い手ではないな。

◆ジャンR
・「地球的拡大解釈」=どんな肉でも使用オッケー …うーん、拍子抜けといえば拍子抜けな。
・店の大事な食材を勝手に使うジャンに対して激怒する弥一、容認するキリコ……反応が逆転してるー!
以前のキリコなら弥一と一緒に怒鳴りつけてただろうに。一体ジャンとの間に何があったんだ。
・刈井さん可愛すぎ。スグルの質問に困っている表情とかもう、ね。ババア結婚してくれ!

◆みつどもえ
時たま見られる「ちょっと良い話」的な回ですが、今回は出色の出来だったと思います。
普段この漫画を敬遠している人も、苦もなく(むしろ好意的に)読めるんじゃないかってぐらい。
こういう話を見るにつけ、この『みつどもえ』という漫画は同雑誌の『浦安鉄筋家族』のように、
子供達を子供らしく生き生きと描く、血の通った「子供漫画」だなーって思うんですよね。
別して、数打ちの萌え漫画や単なる変態ラジカルギャグ漫画ではない、というか。
良い漫画です、ほんとに。

◆怪奇
>実は裸
あるあr・・・ねーよ!

今週のチャンピオン

初っ端からチャンピオンとは全然関係ないことを

今週の“ヤングジャンプ”にあの“ジャンク”が出て来たと聞き、いてもたってもいられなくなって
書店に足を運んだんですが…YJの影も形もなし。
複数の書店を回って見たんですが、置いている店は一つもなく。
普段ならどこにでも置いているんですが、ねえ。
改めて“銀ちゃん”人気の凄まじさを思い知らされました。

では本題のチャンピオン雑感。

刃牙:克己がどれだけ自己革新に励もうとも、ピクルに勝つビジョンが全く浮かばないのが悲しい。

賭魚:この時期に邪眼ネタは否応なく“あの”作品を想起させられる。見たことないんですけどね。

雌豚:みつばの唯我独尊、ここに極まれりというお話。あの滝のような発汗量は最早人間の
    領域を逸脱していると思うのですが…って、豚だったか。なら仕方ないな
    宮ウザさんがうっとうしい発言をしているコマのふたばが得体の知れない小動物チックでキモカワ。
               ブッコミ
恐竜:ギュン!! こ、これ“特攻のユタ”じゃ…!?サ、サバいよ

鉄鍋:弱点看破されても、めげずにXO醤命のリュウがいとおしいw
    しかし思ったほど駄目出しが激しくなくて(少しホッとしてしまった自分が嫌だ)、
    ジャンは本当に丸くなったんだなーと実感しました。
    それにしても、スグルはどうやって刈井さんを説き伏せたか気になる。
    言葉じゃ何言っても通用しなかったろうし…あれか…エロテクだな!
    体に言い聞かせるとは…さすが恋人同士…大した奴だ…
    そこら辺の事情を次回Cカラーで、詳細に描写していただきたい。

怪奇:「田舎メイドレベッカ」再登場きました。スピンオフ希望。

今週のチャンピオン

1ヶ月ほど前から講読を始めてたチャンピオンの雑感

◆刃牙
郭先生が塩漬けと闘ったらいいのになと思いました。

◆ジャンR
素肌にXO醤ベルトたすきがけで「俺の体を構成している80%はXO醤で出来ているといっても過言では無い」とか発狂モンの台詞を自信満々に言い放つリュウ、パールb<最高にイケてるわ
来週、弱点を看破された時のリアクションが楽しみ。

◆イカ娘
殴られて縦に圧縮されてるイカ娘が可愛かった

◆みつどもえ
吉岡さんメイン話にもかかわらず自分が一番ときめいたのは宮うっとうしい下さんのエロい太ももでした

◆サナギさん
フユちゃんの「鳩に豆鉄砲食らわせた側の顔」が実に良い表情。
極シンプルな絵柄なのに細かいニュアンスを表現できていて、上手いなーと感心させられました

◆D-ZOIC
「“是非”もなし(にたぁ…)」    !?

◆悪徒
針塚クンの上半身を意味もなくはだけさせる作者は読者の心情をよく理解っている
そしてこれがサービスショットになると判断している編集は確実に狂ってる(良い意味で)
この漫画の、良い感じに濃い絵柄や覚悟のススメ的なヴァイブ(あと針塚クン)には
かなりそそられているので、いずれ単行本買ってみようと思ってます

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。