スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣2落書き・ポポイのいたずら

ポポイにズボンをパクられてしまい、いくら探しても見当たらないので仕方なくレオタードを直履きするプリムさんの図。
seiken2_rakugaki_purimu_2.jpg
プリムはあのふわふわズボンを脱いだらかなり際どい格好だということに気付いたので、思わず描いちゃいました。
プリムのこんな姿を見たとしたら…あのランディ影様 黙ってませんね…
スポンサーサイト

聖剣2 ポポイ・プリム落書き(ヴァレンタインネタ)

お久しぶりです。
もうとっくに過ぎてますけど、ヴァレンタインネタでポポイとプリムの落書き。

seiken2_rakugaki_choco.jpg
「おうアンちゃん!ネエちゃんから"ぎりチョコ"ってのをもらったぞ!
 人間の風習ってのはよく分かんねーけど、美味いなコレ!…で、"ぎり"ってなんだ?"ぱっくん"は分かんだけど

・ポポイは性別不明でパッと見は女の子っぽいけど、普段の言動行動は完全に男のそれなので
 プリムも基本的にはポポイのことを男の子として認識してたんだろうなーと思ってます。

seiken2_rakugaki_choco1.jpg
「…ちょっとランディ!今日ヴァレンタインでしょ?ほら、これあげるわ……い、言うまでもないけど義理だからね!
 本気にするんじゃないわよ、この生煮えマヌケ男!!」

・非常に安直なtndrですみません。

ポポイ、プリム(+ランディ)落書き

seiken2_rakugaki.jpg
ポポイ「ボス戦はオイラ達に任せとけ!…やべっMP切れだ!アンちゃん!魔法のくるみよこしな!」
プリム「あたしもMP切れだわ!ランディ!魔法のくるみちょうだい!
ランディ「・・・・・・・・・・

ウンディーネが仲間になってからのボス戦は大体こんな感じです。

プリム落書き

seiken2_rakugaki_purimu1.jpg
ゴブリン村から救出された後、パンドーラ城で再会した時のプリムのセリフ。
久しぶりにプレイして見て、あまりにもストレート過ぎて笑ってしまったw
いや確かにランディはこの時点までに(主人公としては余りにも)マヌケな姿を幾度も晒してるけど、
それにしたってもう少しこう…手心というか…

プリムに関しては再プレイして大分印象が変わりましたね。
こういう歯に衣着せないところもひっくるめて可愛い、魅力的なキャラだなーと。
昔は「操作できる女性キャラ」のそれ以上でもそれ以下でもなく、キャラ萌え的なそれは微塵も感じなかったんですがね。
自分が二次元のキャラにヨコシマな心を抱くようなダメな大人になったことと、
グイグイ引っ張ってくれるような女の子が良いと思える性質になったことが大きいのかもしれません。
…単純に公式絵がめちゃくちゃ可愛くなったことも一因としてありますが。
(最初はあの絵に違和感どころか拒否反応すら覚えたけど、今は許容できる。慣れってコワい)

プレイの方は現在ラストダンジョン、マナの要塞にて各人の最強防具を収集中。
プラズマスーツ、精霊の腕輪×3、精霊のマント×2、精霊の王冠×1をゲット(グリフォンヘルム入手済み)
残るは精霊の王冠1つのみ。これを入手したらラスボスに挑みたいと思ってます。
…とかいいつつ武器パワーを取ること&魔法レベルを上げることを名目にもう少しウダウダするかも。
だってラストを迎えるのがね…切ないんですよ寂しいんですよ。うう、ポポイ・・・

ポポイ落書き

seiken2_rakugaki_popoi1.jpg
ドワーフ村の見世物小屋ではどれぐらいのゼニを巻き上げてたんでしょうね。
ていうかあんな所に観光に来る物好きな人間が果たしてどれ程いたのかと、昔から疑問に思ってました。

ポポイは、最初の出会いの第一印象は「THE・クソガキ」なんだけど、
旅を進めるごとにその腕白さや小生意気さが愛おしくなってくるんですよね。
それ故に最後の展開には胸が締め付けられるような寂しさと切なさを感じたのを覚えています。
今後半に入りかけているところ(マンテン山脈の辺り)ですが、その当時の記憶がちらついて
ポポイを見る度に無性に切ない気持ちになってしまう…。
冒険を進めたいのに進めたくない…というジレンマはFF5の第二世界に感じたものと同じ。
ガラフもポポイもなまじ愛着をもてるキャラなだけに、ツラいですねえ…

ios版聖剣2プレイ中

ios版聖剣2プレイしてます。
一部グラフィックが変化してるなど微細な変更点はありますがおおむね忠実な移植で楽しめてます。
FF5と同じく十ウン年ぶりのプレイだけど、結構覚えてるとこは覚えてますね。
ポポイ初登場のシーンで既にウルっときてしまい(EDを思い出して)、自分の早漏っぷりに呆れてしまいました。

それにしても雑魚が強い。ちょっと気を抜くと、というか抜かなくてもプリムとポポイがどんどんコロコロされていく。
いくらNPCの行動パターンがアレとはいえ、ここまではヤられることはなかった。
スーファミ版より明らかに強くなっていると思う。
seiken2_ss.jpg
ユニコーンヘッドつえー!このチェスのコマこんな強かったっけ?

もちろんボスも強くなってる。
最初のボス(マンティスアント)に半死半生の目に合わされるなんて初めてだよ。
ファイヤギガースには初の全滅プレイをプレゼントされてしまったし。
(逆にタイガーキメラはランディ1人で倒せた。昔はさんざん全滅させられたトラウマボスだけど)
聖剣2は魔法使えるようになってから雑魚戦もボス戦も一気にヌルくなった記憶があるんだけど、
全然ヌルくなってない辺りかなり難易度上げてきてるのかなーという印象。
※追記※↑の発言撤回。相変わらず魔法強すぎですね。特に中盤以降、MPが増え始めてからは。

まあ難しい方がやり甲斐があるので、モンスター強化望むところなんですがね。
現在四季の森を攻略中。人間の内臓が大好物で嘴とトサカが常に赤くなっているアックスビークさんを倒しに行くところです。

これが自分へのクリスマスプレゼント

スクエニのアプリが半額セール中だったので、とりあえず(前回の記事で宣言した通り)聖剣2FF4TAを購入。
あの聖剣2が400円で買えるなんて、正直信じられないw
他のシリーズもとにかく安い(1作1,000円未満)ので、FF6・タクティクス辺りは購入しておこうと思ってます。
これでむこう1年はプレイするゲームに困らないですわ。

ios版聖剣2、OPだけ見ておきたいなと思って起動してみたんですが、
スーファミ版のOPが完全再現されていて感動しました。

神獣の鳴き声からピアノのイントロが始まる瞬間からしてゾクゾクものなんだけど、
マナの木とそれを見上げるランディ達の絵が徐々に映し出され画面一杯に広がるところなんかはもう、
全身の鳥肌が総毛立っちゃう。聖剣2の世界の中に一気に引き込まれるような感覚を覚える。
思い出補正抜きにしても、RPGのOPとして素晴らしい出来だと久しぶりに見て思いました。

懐かしの攻略本 聖剣伝説2基礎知識編

本棚からFF5の冒険ガイドブックを探している時に見つけた一品。
seiken2_1.jpg
NTT出版社の聖剣2攻略本。FF5冒険ガイドブックほどではないですけど、これもよく読んだ攻略本でした。
特にモンスター紹介の項の解説文。
やたら大仰かつ物騒な表現を多用していて、聖剣2のほんわか可愛いグラフィックとのギャップが凄いんですよw
そのギャップがえも言われぬ面白さを醸し出していて好きでした。
seiken2_3.jpg
これと、アックスビークというボスモンスターの「人間の内臓を好んで食べることから、その爪と嘴はいつも血で赤く染まっている」という記述は最初読んだ時はショッキングだったw

あと、ほんの少しだけどキャラクターのイラストもあって、それも可愛くて好きでした。
seiken2_2.jpg
この絵柄、ドンピシャで好みのタイプ。久々に目にしたけど昔以上に可愛く見えるなあ。
イラストレーターは九月姫という人だそうですが、イメ検してみたら本気で好みの画風だったんで
ちょっとこの人の単行本が欲しくなっちゃった。

九月姫さんのイメ検をひとしきり見た後、聖剣2でググってみたらアプリ版が出ていることを知る。
まあ今FF5の方をプレイ中だし、購入するにしても当分先のことになr…つうか今値下げしてるじゃん!よし買おう

プロフィール

まつや

Author:まつや
お絵描きと音楽鑑賞と大相撲を観るのが人生の楽しみ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。